PICK UP

2022.09.21
犬型ペットロボット「Petoi Bittle」が株式会社Glotureから発売開始!

 

株式会社Gloture (本社:東京都港区)犬の姿を模した、手のひらサイズの組み立て式ペットロボット「Petoi Bittle(ペトイ・ビトル)」販売開始した。

 

 

「Petoi Bittle(ペトイ・ビトル)」Petoi社(本社:米 ペンシルベニア州)が開発した4本足で動く、手のひらサイズのペットロボット。

 

車輪ではなく4本の脚で動く高性能かつ多機能なロボットボストンダイナミクスのロボット「スポット」ソニーのロボット犬「アイボ」など、大手企業の高級ロボットでしか見られなかった。

 

そんな中、Petoi社システムを簡素化し、お手頃な価格での大量生産を実現。

 

おもちゃ感覚で気軽に楽しめるペット型ロボットを開発した。

 

 

さらに、あらゆる部品を微調整、機敏な操作性を持たせることに成功。

 

足の動きは、平ら空間を自由に、まるで生きているペットのように移動し、本物の動物のような、機能的な動きができる。

 

スマホやパソコンで簡単操作。

多機能かつコンパクトなペット型ロボット「Petoi Bittle」は、歩行速度や、腕立て伏せなどのポーズ、挨拶、ストレッチなどのアクションが可能。

 

 

スマホでアプリ操作、パソコンの「Petoi Desktop」コントローラーを使って子どもでもおもちゃ感覚でかんたんに操作できる。

 

また、Arduino IDEなどのソフトウェアを用いて自由にプログラミングしてのカスタマイズも可能。

 

 

 

3Dパズルのように設計された組み立て式で作る愛犬ロボット

ペット型ロボット「Petoi Bittle」はネジを極力使わずに、3Dパズルのように設計されており1時間ほどで組み立てることができる。

 

シンプルで美しいシルエットを実現するため、ペットとなる犬の姿をかたどった左右対象のシルエットが魅力的。

 

Petoiはお手頃価格でペットロボットを提供

OpenCatとして、2016 年に創設者 Rz Li のプロジェクトとして開始。

 

2018 年に口コミで広まった後、この洗練されたかわいいペット型ロボットを公開した。

 

Rz Li はPetoiを設立し、2018年にクラウドファンディングに成功。

Petoiは手頃な価格のペット型ロボットをフィクションから現実のものにすることを使命とし、他メーカーと協力

 

ニーズに最適なソリューションを得ることができるロボット開発企業へと成長した。

 

「Petoi Bittle」仕様

サイズ
約 200 × 110 × 110 mm

重さ 

約 290 g

ソフトウェア対応
CodeCraft (スクラッチベース); Arduino IDE; Python API

アプリ対応
Android / iOS 対象年齢4歳以上

バッテリー
リチウムイオン電池
7.4V 1000mAh
2A/5A
バッテリー寿命:約1時間

充電
充電時間:約2時間
USB 5V 1A
付属USBケーブルにて充電。


サーボ
P1S
パックの数量:10
最大電圧:8.4

素材
フレーム:プラスチック
サーボ壁材:プラスチック
サーボギア:合金

 

まとめ

従来、自分の足で移動するロボットは非常に高額でしたが、「Petoi Bittle」は4万円足らずという低価格化に成功

 

こうした、コスパの高いロボットの登場は新たなロボット・マーケットを切り開いてくれるのではないでしょうか。

 

おすすめコンテンツ

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!