PICK UP

2022.10.07
BOCCO emo LTEモデル Powered by Robot Planetが10月8日(土)より販売開始!

次世代型ファミリーロボット「BOCCO emo LTEモデル Powered by Robot Planet」10月8日(土)より販売開始いたします。

 

BOCCO emoは丸みを帯びた雪だるまのようなビジュアルと、日常会話や挨拶などに対して独自の言語(エモ語)で反応したり、共感する能力が魅力的なロボットです。

 

今回のBOCCO emo LTEモデルは、従来の共感能力はそのままに、離れて暮らすご家族様の見守りや、ご高齢の方でも扱いやすい操作性を備えています。

 

今回はそんな「BOCCO emo LTEモデル Powered by Robot Planet」の魅力をご紹介していきます。

 

※LTEモデルは東京ガスモデルと内容が異なります。

東京ガスモデルについてはこちらのページをご覧ください。

 

Wi-Fiなしでどこでも使える

 

 

BOCCO emo LTEモデルはインターネット回線やWI-FI環境がない場所でも、コンセントさえあれば使用できます。

 

WI-FI設定などの難しい設定いらずで使えるので、離れて暮らすスマホを持っていないおじいちゃん、おばあちゃんでも簡単にメッセージのやり取りが可能です。

 

リビングはもちろん、外出先や施設内など、幅広い場所に持ち運べるため、ご家族とのコミュニケーションがより豊かになります。

 

簡単にセットアップできる

 

 

BOCCO emo LTEモデルはセットアップも簡単。

 

①付属されているACアダプターを接続し、電源を入れる

②専用アプリをインストールし、アカウント作成。BluetoothでBOCCO emoに接続すればOK。

ニックネームと性格を設定し、話しかけてみてください。

 

お腹のボタンを押しながら話すだけでスマホにメッセージを送信できるので、ご高齢の方でも簡単に操作できます。

 

2種類のセンサでお部屋の情報を探知

BOCCO emo LTEモデルには「振動センサ」「部屋センサ」という2種類のセンサがセットになっています。

 

センサを使用することで、遠く離れていても、家の状態を把握し、ご家族の安全を見守ることが可能です。

 

振動センサで帰宅をお知らせ

 

 

振動センサをドアに取り付けると、開閉の際の振動を探知し、専用アプリを通じてスマホにお知らせしてくれます。

 

ご家族の帰宅が通知された後は、「お帰り。今日は暑かったね」などのメッセージを送ることができるので、離れていてもしっかりご家族を見守ることができます。

 

部屋センサで部屋の環境変化をお知らせ

 

 

部屋センサを室内に設置すると、部屋の温度や湿度、照度を検知してくれます。

 

お部屋の環境を基に、熱中症の警戒度が高くなるとBOCCO emoを通じてスマホに通知

 

同じ空間にいなくても、ご家族が過ごしている環境状態が解るので、熱中症対策にも役立てられます。

 

BOCCO emo LTEモデルが購入可能な店舗

BOCCO emo LTEモデルは全国のRobot Planet店舗(※一部取り扱いのない店舗がございます。詳しくは↓のボタンからチェックしてみてください。)

および、ロボティクススタジオ3店舗

・ロボティクススタジオ 新宿高島屋

・ロボティクススタジオ 名古屋高島屋

・ロボティクススタジオ 大阪高島屋

で購入可能です。

 

まとめ

BOCCO emo LTEモデルは、WI-FI設定や難しいセットアップなどもないので、ご高齢の方でも扱いやすいです。

 

「離れて暮らす家族の健康や安全が心配… 」

「もっと、手軽にコミュニケーションを取りたい」

 

そんな方は、ぜひ、BOCCO emo LTEモデルを手に取ってみてください。

 

 

 

おすすめコンテンツ

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!