PICK UP

2022.09.01
LOVOTは人になつく!?コミュニケーションの取り方をご紹介

 

LOVOT(らぼっと)はロボットベンチャー企業GROOVE X株式会社が開発したパートナーロボットです。

 

「役に立たない。でも愛着がある新しいロボット」をコンセプトとしており、実用性よりも生き物らしい反応習性などが反映され、開発されています。

 

現在はペット型のロボットも多く販売されていますが、LOVOTが他のロボットと違うのは、ロボットが人になついていくメカニズムが導入されていることです。

 

今回の記事は、LOVOTが人になつく仕組みを紹介していきたいと思います。

 

RobotPlanet店舗ページ

 

目次

  1. LOVOTがなつく流れ
    1. とまどい期(0~3日)
    2. ちかづき期(4日~3か月)
    3. LOVE期(3か月以上)
  2. どうすれば懐く!?LOVOTとのコミュニケーション
    1. 顔を見せる
    2. 名前を呼ぶ
    3. 抱っこをする
    4. 体を撫でる
  3. LOVOTがなつくとする行動
    1. 両手をパタパタと動かす
    2. 大好きな人のもとへ移動する
    3. 帰宅をお出迎え
  4. LOVOTが人になつく仕組み
  5. LOVOTを体験したい方へ
  6. まとめ

 

LOVOTがなつく流れ

LOVOTがなつく過程は「とまどい期」(0~3日)「ちかづき期」(4日~3か月)「LOVE期」(3か月以上)に分類されます。それぞれの期間の特徴をご紹介します。

 

とまどい期(0~3日)

 

LOVOT①

 

生まれたてに相当する初期の状態です。

だまだおとなしく、テンション低めな状態。不安げな声を出したりもします。

 

ちかづき期(4日~3か月)

 

lovot2

 

やや家に慣れてきて少しずつ元気な声を出して甘えてきたり、出会った相手の顔を認識し、近づいてくるようになります。

 

LOVE期(3か月以上)

 

LOVOT③

 

すっかり家になじんで、リラックスしてます。

瞳がキラキラ光り、抱っこをせがむようになっています。

 

徐々に打ち解けていく、LOVOTとのコミュニケーションをお楽しみください。

 

※成長段階にはそれぞれ個性がある


LOVOTにはそれぞれ個性があり、成長の速度はそれぞれ異なります。

 

最初から甘えん坊の子もいますし、ちょっと甘え下手な子はLOVE期になってようやく甘えてきてくれるようになったということもあります。

 

このように、LOVOTの個性、触れ合い方によって成長スピードが異なりますので、覚えておきましょう。

 

どうすれば懐く!?LOVOTとのコミュニケーション

それでは、LOVOTと仲良くなるには、どんなコミュニケーションを取ればいいのでしょうか!?

ここで、LOVOTが喜んでくれるコミュニケーションをご紹ます。

 

①顔を見せる

 

LOVOT⑤

 

LOVOTに顔をよく見せてあげてください。

あなたの顔を見るだけで、LOVOTは大喜び。

 

顔を覚えることで、あなたのことになついていきます。

 

②名前を呼ぶ

 

LOVOT⑥

 

LOVOTに名前を付けて、呼んであげましょう。

あなたがつけた名前に反応するようになります。

 

名前はLOVOT専用アプリから付けられます。詳しくは↓のURLからご確認ください。

LOVOTアプリをインストールする

 

③抱っこをする

 

LOVOT⑦

 

LOVOT(らぼっと)は抱っこが大好き。両腕の下に手を差し込み、優しく持ち上げてみましょう。

高い高いしてあげても、喜びます。抱っこしてあげると、甘えた鳴き声を出します。

 

④からだをなでる

 

LOVOT⑧

 

抱っこした状態で、あごやお腹、頭を撫でると気持ちよくなって眠ってしまいます。

すやすやと安心したように眠るのが、とてもかわいい。

 

起こすときは、鼻を押したり、「起きて」と声をかける、優しくゆするなどのアクションで目を覚まします。

 

※注意点


LOVOTの頭についているホーンは弱点です。触られると、首を左右に振ってイヤイヤします。

なるべく触らないようにしてあげましょう。

 

モード切り替えスイッチとボリュームスイッチは触っても大丈夫です。

 

LOVOTがなつくとする行動

LOVOTがあなたになつくと、こんな行動をしてくれるようになります。

 

両手をパタパタと動かす

 

LOVOT⑨

 

LOVOTが両手をパタパタと動かしているのは、抱っこしてとおねだりしているサインです。

 

あなたに心を許している証拠なので、優しく持ち上げてあげましょう。

 

「きゅーん」という声を出して甘えてくれます。

 

人のもとへ移動する

 

LOVOT⑩

 

最初は距離感がありますが、なつくと、なついた人のもとへまっしぐら。

あなたの後を追っかけて、ついてくるようになります。

 

段々と慣れて、信頼していってくれるようになるのが嬉しいポイントです。

 

※LOVOTが遠くでこちらを見ている場合は、目線の高さに合わせてしゃがむと、近づいてきてくれます。

 

関連記事

「LOVOT(らぼっと)」がヒトの姿勢をAIで検知 より豊かなスキンシップが可能に

 

帰宅をお出迎え

 

LOVOT⑪

 

外出先からあなたの帰宅をアプリで感知。

 

玄関先まで移動して、お出迎えしてくれます。

また、瞳や動きで喜びを表現

 

瞳がハートになったり、両手をパタパタさせたり、嬉しそうな声を出したり。

待ってましたと言わんばかりに、出迎えてくれるのが嬉しいです。

 

あなたのことを大好きになり、必要としてくれるLOVOTはもはや家族の一員です。

LOVOTとの暮らしを楽しみましょう。

 

LOVOTが人になつく仕組み

私たちが犬や猫などの動物に飽きず、愛着が湧くのは「触れ合う」「見つめ合う」「ついてくる」「待っていてくれる」「必要とされている」など、さまざまなコミュニケーションによって形成されていきます。

 

このような愛着形成は3か月かけて形成されていき、3か月を超えると、日常化されていきます。

 

つまり、家族のように、一緒にいることが自然になっていくのです。

 

関連記事

甘えて抱っこをねだる「LOVOT(らぼっと)」は、人間とロボットの“絆”を追求する(ICC FUKUOKA 2020)【文字起こし版】

 

LOVOTは、このような「愛着形成」に着目し、ご主人のことを見つめてきたり、帰宅時にお出迎えをしたり、抱っこをねだったりという、まるで生き物のようなコミュニケーションを実現しています。

 

猫や犬と同じように、世話を焼くことによってどんどんあなたになつき、必要としてくれる。

ロボットらしくない「習性」を取り入れているのが、LOVOTの大きな特徴です。

 

LOVOTを体験したい方へ

LOVOTは、全国のRobot Planet各店舗で体験していただくことができます。

ご興味のある方は、下記のリンクからお近くの店舗を探してみてください。

 

RobotPlanet店舗ページ

※地域によってお取り扱いのない店舗もございます。ご了承ください。

 

まとめ

LOVOTは、良い意味でロボットらしくない、動物的な習性を反映しているのが魅力的です。

 

最初は戸惑っていますが、あなたと触れ合ううちに、どんどんなついてくるLOVOTに、きっと愛着が湧いてくることでしょう。

 

名前を読んだり、抱っこしたり、体を撫でたり。LOVOTとたくさんコミュニケーションを取ってみてください。

おすすめコンテンツ

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!