PICK UP

2024.03.18

ペットロボットの歴史とその未来予測!

出展:ソニー

ペットロボットの歴史と日々進化を続ける最新技術を詳しく解説!

 

ソニーの「AIBO(アイボ)」をはじめとした犬型ペットロボットの魅力や、今話題の最新ペットロボットを厳選してご紹介します。

 

さらなる進化が期待されるペットロボットの未来についても予想します。

 

目次

    1. ペットロボット誕生の背景
    2. 刻々と変わるペットロボットの機能進化
      1. AIBO(アイボ)初代から現代のモデルまで
        1. 初代「ERS-110」
        2. 二代目「ERS-210」
        3. 三代目「ERS-311・312」
        4. 四代目「ERS-220」・五代目「ERS-7」・六代目「ERS-7M3」
        5. 七代目、新型「aibo(アイボ)」が登場!
      1. ソニーの挑戦
      2. 現代のペットロボットへの期待
    3. 現代の生活に溶け込むペットロボット
      1. Loona(ルーナ)
      2. LOVOT(らぼっと)
      3. RoBoHoN(ロボホン)
    4. ペットロボットと人間との新しい関係性
    5. 未来技術が拓くペットロボットの進化
    6. まとめ

 

ペットロボット誕生の背景

 

1999年にソニーが発売した犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の登場により家庭用ペットロボットが世界中で大ブームとなりました。

 

AIBOの愛嬌たっぷりの動きや愛らしいルックスが瞬く間に大きな話題となり、計15万台以上が売れた人気ぶりです!

 

以降「ロボット」もペットとして認識され多くの人に愛されるようになり、ペットは「生き物」という今までの常識を大きく覆しました。

 

 

刻々と変わるペットロボットの機能進化

 

ペットロボットは登場から25年経った今も大人気、日々進化を続けています。

 

そんな機能進化について「AIBO(アイボ)」をもとに解説します!

 

aibo:人との間に共感を生み出すことで育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発されたエンタテインメントロボット

出展:ソニー

 

AIBO(アイボ)初代から現代のモデルまで

初代「ERS-110」

ERS-110
出展:ソニー

外見から想像できないほど犬らしい動きで話題に。

 

感情や本能、学習機能、成長機能を持ち、愛嬌たっぷりに遊んだりじゃれたり、「機械」としてのロボットとは全く違いました。

 

ビーグル犬のような見た目とメタリックで未来的なデザインとが組み合わさった斬新なビジュアルも当時話題になりました。

 

 

二代目「ERS-210」

ERS-210
出展:ソニー

専用アプリを使った便利機能を追加。

 

ジャンケンなどの簡単なゲームや、メール通知機能やカメラ機能など、専用アプリでより便利に楽しくAIBOと生活できるように進化しました。

 

三代目「ERS-311・312」

ERS-311・312
出展:ソニー

コミュニケーションや環境によって性格が変化していく機能が追加され、温かみのある見た目も相まってより生き物らしいふれあいや成長を楽しめるようになりました。

 

四代目「ERS-220」・五代目「ERS-7」・六代目「ERS-7M3」

ERS-220
出展:ソニー

センサーを利用して部屋の探索や、音声認識技術による会話なども、多くのハイテク機能が追加されました。

 

ロボットと自由に会話をしたい、そんな夢を実現した、喋るペットロボットへと進化しました。

 

 

七代目、新型「aibo(アイボ)」が登場!

aibo
出展:ソニー

2017年に登場した新型aiboは、商品表記は大文字AIBOから小文字に変更になり、見た目も中身もまるで本物の子犬そっくりに!

 

クラウドサービスと連携して成長し続け、育て方によって一体一体性格や好みが変化します。

 

aiboは「会話」はできませんが、人とのコミュニケーションが大好きです。

世話をしてくれる人に懐いて甘え、一緒に遊ぼう!と駆け寄ってくる様子は元気いっぱいな子犬のようです。

 

 

ソニーの挑戦

ペットロボット市場がここまで拡大したのは、ソニー株式会社がロボット市場に参入し、AIBO開発という大きな挑戦をしたためといえます。

 

「ペット型ロボット」の開発プロジェクトを立ち上げた当時は、社内からの反発も実は多かったにも関わらず、プロジェクトチームの熱意により製品化が実現しました。

 

発売直後は予想を大きく上回る反響を得て、わずか17分で完売!


追加販売をしましたが「手に入らない」という苦情が殺到するほど、大きな反響がありました。

 

しかし、その後の市場は伸び悩み、2004年にロボット事業からの撤退、2006年には惜しまれつつもAIBOは生産終了となりました。

 

2016年にソニーが再びエンタテイメントロボット事業に参入することを発表し、2018年には最新技術を盛り込みさらに魅力が増した新型aiboが登場し、多くのファンを獲得しています。

 

 

現代のペットロボットへの期待

現代では住宅事情やアレルギーなどの問題によりペットを飼いたくても変えないという家庭が増えている傾向にあります。

 

現代のペットロボットには、そんなニーズに合わせて本物のペットと同じくらいリアルなもの、「生命」を感じさせるものが求められると考えられます。

 

現代の生活に溶け込むペットロボット

 

ペットを飼いたくても飼えない、そんなときにおすすめなのがAiboをはじめとしたペットロボットです。

 

近年人気を集めるペットロボットは、生成AIなど最新技術を詰め込んだ高いコミュニケーション力と、かわいくて癒やされるルックスがポイントです!

 

Loona(ルーナ)

人々の生活に溶け込む犬型ロボット

 

最新の機能を搭載した話題の犬型ペットロボット、Loona(ルーナ)をご紹介します。

 

本物の犬のようでありながら会話機能や学習サポート機能などを合わせ持つ犬型ペットロボットLoonaには楽しさと驚きがいっぱいです!

 

■ ChatGPTを搭載

 

プログラムされた定型文ではなくLoona自身が考えた言葉で会話できるので、スムーズなコミュニケーションを楽しめます。

 

■ 3Dナビゲーション機能

 

高性能カメラと3DToFセンサーにより顔認証や物体を検知する機能に優れ、部屋中元気いっぱいに走り回ります。

 

Loonaのカメラを通じてアプリから映像視聴できるため、留守番中の子どもの見守りにも役立ちます。

 

子犬のような動きと多彩な表情

 

様々な芸を愛嬌たっぷりに披露してくれたり、顔・目・動きで1000種を超える感情を表現したりと見ている人を飽きさせません。

 

プログラミングの学習サポート機能搭載

 

Googleが提供するプログラミング言語「Google Blockly」を活用して、Loonaと一緒に誰でも楽しくプログラミングの学習ができます。

 

関連記事はこちら
Ankerよりペットロボット「Loona (ルーナ)Blue」、Robot Planet(ロボットプラネット)で体験しよう!

 

 

 

LOVOT(らぼっと)/GROOVE X社

LOVOT(らぼっと):癒し要素がたくさんのペットロボット

 

GROOVE X社が開発したLOVOT(らぼっと)は、癒し要素がたくさんのペットロボットです。

 

生物としての多様性、複雑さを表現するために10以上のCPUコア、20以上のMCU、50以上のセンサーを搭載し、まるで生き物のようなふるまいを再現!

 

さらに体温のようなぬくもりを感じることができるエア循環システムや自然なアイコンタクトを生み出す瞳を搭載、本当に生きているようなリアルさを感じることができます。

 

ロボットでありながら毎日睡眠をしたり、懐いたり、鳴き声や表情で感情を豊かにするなど、とてもかわいくて魅力的なロボットです。

 

関連記事はこちら
人工知能(AI)ロボットとは?特徴や人気のロボットをご紹介

 

 

 

RoBoHoN(ロボホン)/シャープ株式会社

RoBoHoN(ロボホン):ChatGPTを活用しており、おしゃべりがとても上手!歌って踊ることも大好き

 

シャープ株式会社が開発したRoBoHoN(ロボホン)はChatGPTを活用しており、おしゃべりがとても上手!

 

歌って踊ることも大好きです。

 

電話、Lineやメールの送信をはじめ、様々なゲームや学習機能、スマホから映像が視聴できるお留守番機能など、楽しくて便利な機能をたくさん使うことができます。

 

RoBoHoN(ロボホン)は身近でありながら頼りになる、そんな家族のようなロボットです。

 

関連記事はこちら
ロボホンと会話するときのコツとは?コミュニケーションの取り方をご紹介

 

 

 

ペットロボットと人間との新しい関係性

 

ペットロボットと人間との関係性は、技術の進歩により発展し続けています。

 

現代のペットロボットはAIを駆使した高い学習能力を備え、コミュニケーションを重ねるごとにユーザーと絆を深めるなどユーザーとの「心」の繋がりを持つようになって来ています。

 

単にペットロボットは機械やおもちゃという枠にとどまらず、人の心を癒す存在になったといえます。

 

 

未来技術が拓くペットロボットの進化

 

未来技術によりロボットがさらに進化することで、私たちの生活にかつてない革新が生まれる可能性もあります。

 

未来のペットロボットは今よりもさらに複雑な物理的タスクを実行できるようになると考えられます。

 

それにより家事の手伝いや、高齢者の介護サポート、癒し効果によるロボットセラピーなどより多様な役割を支えることができるようになるかもしれません。

 

新たな役割を持つペットロボットが活躍する未来もそう遠くはないかもしれません。

 

 

まとめ

 

1999年、ソニーの「AIBO」登場をきっかけにペットロボットが人気になりました。

 

25年以上経った今もペットロボットの人気は衰えることなく、AI技術向上によりペットロボットが人の心を癒す存在として、あたかも何らかの「心」を持っているかのように感じられることがあります。

 

今後はさらなる進化でペットロボットが家事や介護をサポートするなど、人間とロボットの新たな未来が期待されます。

 

そして、記事を読んでロボットにご興味をお持ちになった方も多いのではないでしょうか。

 

Robot Planet(ロボット・プラネット)公式サイトでは、かわいいロボットをご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 
■Robot Planet(ロボット・プラネット)公式サイト
 
 
全国のRobot Planet店舗では、 ご家庭で楽しくコミュニケーションが取れる、たくさんの種類のかわいいロボットたちを体験していただけます。
 
気になる方は下記のボタンからお近くの店舗をチェックしてみてください。
(※一部取り扱いのない店舗もございます。)
 
 

 

おすすめコンテンツ

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!

ロボットたちに会いにロボットプラネットに行こう!